スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Happy Birthday, Little Witch  (Step into Reading)

画像クリックでAmazon詳細>>
◎ YL 1.5
◎ 1,033語


Little Witchは
自分の誕生日パーティーに
ハロウィンで一緒になった
お友達を招待したいと思っています。
でも皆がどこにいるのか分かりません。
そこで魔法の箒にのって
皆を探しに行きますが・・・。


◎音読しました

このくらいのYLと本の長さが
一番絵本ではしっくりくるなぁと思いながら
読みました。

魔女の子どもが出くるお話は
必ずのように魔女のお母さんが
普通とは反対のしつけ(?)をするので
それが面白いなぁと思います。

この本でも
"Just go out ! Get dirty !
And come home late ! "
と言われLittle Witchは
外に出されてしまいます。
そういうヘンテコな所を
探しながら読むのがまた楽しいので
魔女が出てくる本は
つい手にとってしまいます(笑)。

四つ星黄色
SSS書評を見る>>


Little Witchはシリーズものでした。
すでに1冊読んでいましたが
すっかり忘れていました。
フルカラーでほっこりできる本なので
絵本を読みたい方にはオススメです。





総語数   1,409,889語
総冊数   773冊
多聴時間  59時間53分38秒





ブログランキングに参加しています。
ぽちっ☆とお願いします♪

三白眼ウシブログランキング

 


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ






関連記事
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
ブログランキング


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

line
ブログの記事を検索
line
本・DVDを検索
楽天で探す
楽天市場
line
Twitter
line
プロフィール

futaba

Author:futaba


愛知県在住の主婦。

英語と仲良くなりたくて
多読多聴をはじめました。

目標はハリー・ポッターの
原作読破と
イギリスのドラマ
『Doctor Who』を
吹替えなしで観られるように
なることです。

ウシが主人公の本を
探して読んでいます。
面白いものがあったら
是非教えて下さい!




ブログランキングに参加してます。
よろしかったら1日1クリック
お願いします。
とても励みになります!!



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村





<多読三原則>
1.辞書は引かない
2.分からないところは飛ばす
3.つまらなくなったら止めて
 次の本を読む



2009年4月 多読多聴を開始
2009年6月 挫折の予兆
2011年2月 再度スタート
2011年7月 30万語通過
2012年5月 100万語通過



カテゴリを変更中です。
しばらくゴタゴタしますが
ご容赦下さいませ。





line
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
補足
ブログの記事やカテゴリに
出てくる言葉の補足です。

YLは
「読みやすさレベル」の略語です。
数字が小さい程読みやすい本
であるという目安です。

GRは
英語学習者用に書かれた本
のことです。
Graded Readersの略語です。

ORTは
「Oxford Reading Tree」
という本のシリーズの略語です。
line
カテゴリ
line
ブクログ
line
緑のある世界を
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
読書記録に
line
洋書ネットショップ
line
多読多聴オススメ本
line
オススメ本
楽天ブックス
line
Kindleで読書♪
line
映画館
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介! 話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
line
リンク
line
英語学習
アルク 英辞郎 第六版(辞書データVer.128/2011年4月8日版)
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。